営業職と販売職の違いは?

こんにちは!ASIA Linkの小野(おの)です。

 

お客様に商品やサービスを売る、「営業職」と「販売職」の仕事。

この2つの仕事の違いを知っていますか?

 

一言で言うと、

販売・・・お店に買い物に来たお客様に商品・サービスを売ること

営業・・・お客様のところへ出かけていって、商品・サービスを売ること

と説明することができます。

 

お店に来るお客様は、その商品・サービスを買いたい、または興味がある「見込み客」です。販売職は、お客様のニーズを聞いて、それに合う商品・サービスを選んで勧めたり、商品の説明をしたり、会計をしたりします。

また、たくさんのお客様がお店に来てくれるように、商品の並べ方を工夫したり、店の外にセールのポスターを貼ったりするのも販売職の仕事です。

 

一方、営業職は、「見込み客」を探すところから始めます。これを「新規開拓」といいます。お店でお客様が来るのを待っているのではなく、どの企業・個人が「見込み客」になるのかを調査して(マーケティング)、連絡をとり、訪問します。訪問したら、相手のニーズや課題を聞き取り(ヒアリング)、相手の課題を解決できる自社の商品・サービスを提案します(プレゼンテーション)。価格の交渉や、契約の交渉なども行います。

「見込み客」と契約が成立し、「取引先」になったあとでも、定期的に連絡を取ってフォローしたり、新たな商品・サービスを必要に応じて勧めたりもします。

 

「販売職」と「営業職」。どちらが難しい、とか、簡単というわけではなく、同じ「売る」という仕事でも内容が違います。どちらの仕事も、奥が深く、やりがいのある仕事です。

 

外国人留学生の場合、「販売職」「営業職」のどちらも企業からの求人は多いです。

「販売職」は、外国人観光客の増加にともなって、多くの店で外国語ができる販売職のニーズが高まっています。

また、「営業職」は、海外へ商品やサービスを売っていくための、海外営業のポジションで、求人が増えています。自分から積極的に外へ出て行きたい人、国内外の出張へもどんどん行きたい、という人は、この海外営業の仕事が向いていると思います。

 

仕事をする上で、お客様と直接会い、声を聞くことは、とても重要で貴重な経験です。

「売る」仕事は商品やサービスを押し付けるようで、やりたくない、という人もいますが、そんなことはありません。お客様が困っていることを、自分たちの商品やサービスを通じて解決できる、そしてお客様に「ありがとう」と言っていただける仕事です。

ぜひ、積極的にチャレンジしてほしいと思います。